荷揚げ職人のプロ集団

荷揚げ職人のプロ集団

「決まった時間に決まった材料を決まった場所に決まった数だけ安全に早く」はもう最低レベル

荷揚げサービスの基本

「決まった時間、材料、場所に、決まった数だけ安全に早く」は最低レベルの事

荷揚げサービスとして、決まった時間に、決まった材料を、決まった場所に、決まった数だけ、安全に早く、決まった時間以内に、というのは当たり前の事です。
材料を運んでくれるトラックの運転手さん、工事する材料を待ってる職人さんは、時間が限られていますから、その時間に何があっても遅れてはいけない。

クレーン、ロングスパン、建築用リフト、エレベーター等の揚重機器は、使用できる時間が決まってます。
いかに有効に効率よく、安全に使い、荷受けして運んでおくというのは最低限、『荷揚げ揚重業』として重要な部分です。
また現場では、同時に複数の業種の職人さんが仕事をしていますので、譲り合いも考慮する必要があります。

お客様が何を求めてるか、「どこに何をおいて欲しいか」をヒアリングすれば、現場の職人さん、現場監督さんから「ここは他の職人さんが使うから除けて、置き方を考えて」という事もありますので、いろんな方面に気を配るというのは、荷揚げサービスの基本としてトップリーダーが心がけている事です。

ていねいな仕事とは

自分がそこに住むなら使うならを考える

もし運んでる建材を自分が使う、または、そこに住むとしたらどう扱ってほしいか?
適当に扱われた材料ではなく、綺麗に扱われ、愛情たっぷりに運んだ材料の方が、気持ちが良いはずです。
そこに意識を向けられるかが、ていねいな仕事につながると考えています。

PAGE TOP