社員、職人さん紹介

社員、職人さん紹介

TSPのチームワーク

いろいろな職人さん

1.趣味も多彩な職人さん

TSPには、たくさんの仕事をこなして、稼いでいる職人さんが多くいます。
イタリアのバイクを改造して仲間達とツーリングを楽しんでいる職人さん等、仕事以外の趣味も多彩で、仕事をバリバリこなすような職人さんが多いです。

インターネットで”2ちゃんねる”という掲示板がありますが、その中の『荷揚げ屋』の話題で「TSPが一番儲かってるんじゃないの?」騒がれた事もあった様です。
「材料が重たい」というコメントに対して、「僕は材料は軽く運べますけど財布は重たいです」とコメントした職人さんもいたようです。

スケジュール調整しやすいシフト制にしていますので、ミュージシャンとして、全国ツアーの活動をしながら、仕事をしている職人さんもいます。
「自分の時間を趣味の為にも使いたい」という職人さんも多く、お笑い芸人を目指す為に来てくれている職人さんもいます。

2.スポーツマンも多いTSP

スポーツマンも比較的多く、柔道の選手、ボクシングの選手、有名なプロレスの団体の選手がアメリカに武者修行するために資金稼ぎに来てくれたこともありました。
かといってスポーツマンだからできる仕事というわけではなく、細くて運動をしたことがなくても、コツコツ頑張ってたくさん収入を得ている職人さんも多くいます。

各事業所の職人さん

神戸オフィス

お客様からの信頼の厚いベテラン職人さん

それなりに収入のある仕事を探してました。
時間指定ができたので、他にやってることもあったし、時給で働くより稼げそうだったんで選びました。
みんな和気あいあいと仕事していて、プライベートでも遊んだりしてるんで、スタッフさんはみんな楽しい人たちだと思います。
挨拶さえしっかりしてくれれば、みんな優しくしてくれると思うし、ウェルカムだと思うんで。
昔はしんどかったですけど、今は慣れてしまって、僕にとっては日常なんで、特にしんどいとかは感じないですね
ただ、慣れるまではすごい重たいんで。ただ、細い人もいますし、気持ちさえしっかりしてたらやっていけるんで。
もし、しんどいとか不安だとか思うんやったら、同じ仕事をする者同士味方なんで、なんかアドバイスできると思うんで、気軽に相談してくれれば。

休み毎に短期で働く大学生さん

短期でがっと働ける仕事を探していて、ネットの広告を見つけてここにしようと思いました。
給料の欄を見ると高いなと思いました。いざ始めると怖い人たちに怒鳴られるのかと思っていたのですが、ホンマに全員が優しくて暖かい現場でやり易いです。
肉体労働なのですが、一つ一つの現場が違っていたりするのでチャレンジしてちょっとずつでもやれる事が増えて自分の能力を最大限使えるシーンがあるのが楽しいです。
先輩から褒められたりすると嬉しいですね。同僚の方々いつも助けて頂いてありがとうございます。これからも精一杯頑張っていきます。
この仕事は無理しすぎないことが大事で、少しきつい事をする時も周りがちゃんと見てくれてチャレンジができるし安心して働けると思います。
最初はきついと思いますが、一緒に頑張ってきましょう!

身体を動かすことが大好きな職人さん

ちょうど前の職場をやめて探していたところで、友達が紹介してくれたのがTSPでした。
友達の話では体を動かして筋トレって感じの楽しい職場だと聞いていたのですが、実際もそうでめっちゃ楽しいです。
仕事内容は、トラックが来て→ボードをトラックから降ろして→それを運ぶというものです。他には木材とかを運ぶこともあります。
仕事に慣れるまで3か月くらいかかりましたが体を動かすことが好きで筋トレだと思ってやっているので楽しめています。
自分の中で無理やと思っていても、それを我慢して頑張って自分が強くなるとやりがいを感じで心が豊かになります。
これから賑やかで頑張る人と一緒に仕事がしたいですね。
最初はちょっと疲れる事もあるんですけど頑張ってそれを乗り切れたらホンマに楽しくて楽になります。

所属5年の職人さん

今までで一番お金を使ったのは車ですね。仕事を探すきっかけは当時切羽詰まっていて仕事をしていない期間が長く続いていたので
何か仕事をしないといけないと思って探し始めてフリーペーパーでTSPを見つけました。
短時間で高収入というところに惹かれたのが大きいと思います。
最初はすごくしんどい仕事だなと思っていたんですが、やっているうちに慣れてきてやりがいが出てきたし、やったらやっただけ稼げると思いました。
何よりもできていない自分が悔しかったので頑張って行こうかなと思いました。
夏を一回超えると慣れたかなと感じていたことを1年後くらいに思いました。
今まで肉体を使った仕事ではなかったのですが、つらいなというよりは肉体を使った後、やりがいを感じました。
1回会った職人さんや運転手さんに顔を覚えてもらったり、また来てくれたんやと言ってくれた時はうれしかったですね。
やったらやっただけ帰ってくる仕事で、それが楽しいので、ぜひ一度やってみてほしいです。

大阪なんばオフィス

ミュージシャンでもありベテランで頼れる職人さん

音楽活動をやっています。
ちょうど、TSPに僕の先輩が働いとって、紹介してもらったって感じですね。
入ってから、見た目イカツイ人ばっかなんで、「なんやねん、この会社」って感じでしたね。
慣れるまで、3ヶ月ぐらかかったと思いますけど、最初の1カ月ぐらいは毎日「辞めたい辞めたい」思ってましたね。
慣れてから、ボードとかやり方によって早よ終わったり、やりがいは僕の中ではありますね。
どんどんできるようになって、楽しくなったりするじゃないですか。
それで続けてこれましたね。
10分で現場が終わった時は感動しました。
大工さんが出来んことをやってるんで、早よ終わらせて、大工さんに「やっぱ荷揚げ屋さん呼んでよかったわ」なんて言われた時は嬉しかったですね。

スケートボーダーの職人さん

TSPに所属して8か月です。
スケートボードと絵を描く事とトレーニングが趣味です。
服とお酒、スケートボードに今までで一番お金を使いました。
10年近く前に揚重の仕事をしていたのですが、就職活動などで辞めていました。
それからいろいろあって、教えてもらった事も志し半ばで終わっていたこともありやっぱり揚重の仕事をやりたいと思ったのがきっかけです。
大阪の揚重の会社という事で探すとTSPが見つかりました。
肉体的にハードな仕事ですが、以前の経験から最後まで仕事をこなすことをできていない部分がいっぱいあるというのが逆にモチベーションになっていると思います。
会社の仲間がいつも丁寧に教えてくれたりするので、それに応えられるようになりたいと思っています。
要望に応えるためにどう対応していくか悩むことはあるのですが、いつでもゆとりを持って受け入れられる体制を作っていきたいと思うんです。
荷揚げ屋さんは特別ですよと教えたいです。例えば、普通出来ないような事をやってしまえる先輩方の姿が身近にある特別な仕事だと思っています。

姫路駅前オフィス

ペットを飼うことが趣味の頼れる職人さん

きっかけは、前の仕事を辞めて、つなぎのつもりですね、もともとは。
単発で仕事ができて、まぁこれもまたシフトが自由っていうのと、時間に融通が利くというところですね。
仕事に対する考え方というのが、全く今までやってきたこととは完全に違っていました。
慣れるまで、3ヶ月から6ヶ月ぐらいかな・・と。みなさん大体それぐらいかなと思いますけど 僕はちょっと遅かったんで6ヶ月くらいかかりました。
最初に入った時は、周りが別次元の存在に見えましたけど、今は同じようにやっているんで、そこに到達してるのかなというところは、今思えば、感慨深いものはありますね。
頑張った分だけお金になるという仕事ですので、 頑張ったら頑張った分だけお金が入ってきます。
ものすごい力が強いとか体力がすごいとかではなく、いかに効率よく作業出来るかという方向に、みんなが向いていますので、みんなが同じ方向に向かっているというところがTSPかと思います。

社員

総務人事 アドバンス・ブレイン・グループ

川崎 淳

求人の応募、面接、初出勤まで担当させていただいています。
新人さんのサポートは、初めて出勤される日に体の調子や危険箇所のチェックを行っています。
キツイ仕事ですので、慣れるまでの間は、精神的なフォローを中心にお声がけをしています。
無理なく怪我の無いように、気をつけています。
中堅さんには、慣れによる危険がありますので、気をつけていただいています。

荷揚げ事業 セールス・プロモーション・グループ

石原 祐治

僕が応募するきっかけだったのが、「手運び運送」という事だったんですね。
運送業でトラックのドライバーをしたかったので、運転手ができると思って応募したんですね。
社長との面接で、仕事についてのビデオを見せられた時に、トラックのかけらもなく、建物ばかりで
ワケのわからない資材がいっぱい出てきて、「建設業」なんですよというのがわかった時に、ああシマッタ!
これはエライところに足を踏み入れてしまったな、と思っていました。
でも、一度足を踏み入れたからには、何か達成感というものが欲しかったので、続けてきました。
それからずっと、10年ぐらいやらせてもらっています。
アルバイトとして面接に来られる方でも、何もわからずに来られる方もいらっしゃるんですよね。
何か収入面がいいなとか、自分の好きな曜日を選べるとか、魅力を感じて入られる方もいらっしゃいます。
お客様からは、『スタッフ(仕事)の品質が良い』とおっしゃっていただいています。

取締役

池内 隆太

私がこの仕事と縁があったのは、この業界にいたわけではなくて、営業畑にいました。
会社を辞めて、親戚の畑を手伝いながら、アルバイトを探していたら「揚重」という建築資材の搬入というアルバイトに縁があって、アルバイトから入りました。
短時間で何現場も回って、給料を稼げるところについたら、リーダーやレギュラークラスになると、普通にサラリーマンやるよりは30万とか50万とかそれ以上、1ヶ月で稼げるというところがこの仕事の魅力かなと。
お客さんには安売りをする営業を1回もしたことないんですよ。
うちに来る人の中には、吉本の芸人さん、プロボクサー、現役の格闘技選手、アメリカツアーをやったりしているバンドマン、アームレスリングの選手であったり、もちろんフリーターの子も、大学生もいます。
「社員になりたい」というふうにスタッフが思える会社が目標かなと。

PAGE TOP